桜まつりの風景

 今年もようやくこの季節がやってきました。全国に桜祭りと名の付くものが数ある中で、「一番」を名乗っても他に迷惑がかからないのは、「弘前の桜まつり」ではないでしょうか。地元の古い人は「観桜会(かんごうかい、と訛って聞こえる)」と言ったりもしますが。今回は、弘前の桜まつりを懐かしく思い出させるようなものを集めてみました。



 1枚目の写真は、最近映画でも話題になった、三忠食堂さんの出店の看板です。昔から変わらない看板です。三忠食堂さんの出店が昔からこの位置にあったかどうかは私の記憶がさだかではありませんが、演芸場や護国神社に向かう大鳥居(次の写真の左)の正面にあります。





 続いて2枚目の写真は、大鳥居を背にして左手の定位置にあるお化け屋敷です。その次の3枚目の写真は、お化け屋敷を左に曲がって亀甲門(写真奥に見える門)に向かったところにあるワールドオートバイサーカスの小屋です。皆さんは中に入ったことがあるでしょうか。私にとっては子供の頃の思い出がよみがえってくるような桜まつりの定番の風景の一つです。
 弘前の桜まつりの良さは、桜の素晴らしさのみならず、酒宴の熱狂やこういった出店の風情などもあいまってのものだと思います。毎年多くの人が訪れる桜まつりとなりましたが、最近の花見ではそういった風情が少しずつ欠けているような気がして、ここ数年仲間と保存会的な花見(熱狂的?)をしております。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM